今回は、横浜市の賃貸物件退去後の原状回復でフローリングの剥がれをリペア補修しました。

こちらのフローリング、古くなって表面の突板(薄くスライスされて貼られた天然木)が部分的に下地ごと剥がれた状態でした。

そのままではささくれが足に刺さってしまうので、それを防ぐために入居者がテープを貼っていた形跡が(仕方がないのですが、粘着剤を除去するのが割と面倒なんです…)。

放っておくと剥がれは広がる一方なので被害が小さいうちに補修した方が仕上がりも良いですし、費用も抑えられるので早めの対処が吉ですね。

 

さて、施工ですが、まずはいつも通り下地処理から行っていきます。

剥がれて段差になった部分にはパテを充填・研磨を行い表面を平らに均していきます。表面が整ったら周囲の色に合わせて塗料を調色。吹付塗装で着色していきます。さらに木目を手描きで再現し、最後に表面保護とツヤ合わせのためにクリア塗装を行い施工完了です。

↓ビフォーアフター
フローリング剝がれ補修例

無事に綺麗にできました! お客様にも全然わからないとお喜びいただけました(^^♪

フローリングの張替えとなると費用も高額になってしまいますが、気になるところだけを直すリペアなら費用を抑えて綺麗にすることが可能です。

交換、張替え前にリペアで「直す」ことも検討してみてはいかがでしょうか?

神奈川補修.comでは、横須賀市を拠点に神奈川県全域、東京エリアも出張にてお伺いいたします。新築・リフォーム後の引き渡し前補修、賃貸物件退去後の原状回復など、フローリングやサッシ等の建材補修、洗面ボウル・浴室再生塗装に関することはお気軽にご相談下さい。交換・張替えせずに綺麗に修復いたします。

神奈川補修.com (トータルリペアサクライ)
TEL:070-8318-3961
お問い合わせはこちら