今回は、川崎市の賃貸マンションにて、浴室壁パネルのキズを補修しました。

まだ新しい物件で全体的に綺麗な状態ですが、ドアのすぐ横の壁面にキズが入ってしまっていました。白いパネルですが下地が露出して黒く見え、またちょうど目線ぐらいの高さなので目立っていました。

傷んだパネルだけ交換するという選択肢もありますが、既存パネルの撤去費、新規パネル代、組立・シーリング費などで結構な費用になります。そもそも同じパネルが手に入らない可能性もありますね。

気になるところだけを直すリペア(補修)ならば、交換や張替えの1/5~1/3程の低価格で綺麗に修復できますよ。

↓施工ビフォーアフター
浴室壁パネルキズ補修前後

施工ですが、まずは補修箇所の洗浄脱脂を行っていきます。キズ周辺のバリを除去したら表面の目荒らしをしてキズにパテを充填して平らにならしていきます。その後、元のパネルの色に合わせて調色した塗料で着色して周辺と色を馴染ませていきます。最後にクリア塗料でコーティングとツヤを合わせて施工完了です。

今回は、在宅での作業でお客様の予定が控えていたため少々焦りながらの作業(特に乾燥時間が非常に長く感じます)でしたが、1時間半で作業を終え仕上がりも良い感じになりました。お客様にも「全然わからない」とお喜び頂けホッとした次第です。

 

神奈川補修.comでは、横須賀市を拠点に神奈川県全域、東京エリアも出張にてお伺いいたします。新築・リフォーム後の引き渡し前補修、賃貸物件退去後の原状回復など、フローリングやサッシ等の建材補修、洗面ボウル・浴室再生塗装に関することはお気軽にご相談下さい。交換・張替えせずに綺麗に修復いたします。

神奈川補修.com (トータルリペアサクライ)
TEL:070-8318-3961
お問い合わせはこちら