今回は、三浦市にお住まいのお客様からのご依頼で室内ドアの表面の剥がれを補修しました。

小さなお孫さんのために両面テープで固定するタイプのドアロックを付けていたそうですが、必要がなくなり取り外したところドアの表面も一緒に剥がれてしまったそうです(*_*)

製品には簡単に剥がせると書いてあったそうですが、表面がプリント紙の建具ですと、割と簡単に剥がれてしまうためシールやテープは使用しない方が無難です。

もしも剥がれそうになったら、無理に剥がさずドライヤーで温めながらゆっくり剥がすとうまく剥がすことが出来る場合があります。うまくいかずに剥がれてしまったら当店にご相談を(笑)

室内ドア表面剥がれ補修施工例

いかがでしょうか?綺麗に直り、依頼主様にも大変お喜びいただけました(^^♪

同じような建材はクローゼットや階段の蹴込み板など色々な場所で使われています。

知らずにテープやシールを使った結果、同じように表面が剥がれてお困りの方は、当店にお気軽にご相談ください。

交換せずに綺麗に目立たなくすることができますよ。

神奈川補修.comでは、横須賀市を拠点に神奈川県全域、東京エリアも出張にてお伺いいたします。新築・リフォーム後の引き渡し前補修、賃貸物件退去後の原状回復など、フローリングやサッシ等の建材補修、洗面ボウル・浴室再生塗装に関することはお気軽にご相談下さい。交換・張替えせずに綺麗に修復いたします。

神奈川補修.com 担当:櫻井
TEL:070-8318-3961
お問い合わせはこちら